高級賃貸オフィスで仕事をする時の必要なコスト

半年しかたっていないのに十分な利益を出せる

今もなお、輸入貿易で上手くいっているのはIT関連の設備だけであり、メインとなる食材は赤字になるので手をつけていません。
半年間で約1000万円の売りあげのみしか記録をしていませんが、今の不景気を考えれば上出来でしょう。
本来であれば月額300万円もの家賃が必要な物件ですが、それを2部屋で100万円で借りられるのはありがたいものです。
これが僕が先述した、どん底こそがチャンスという意味です。
また世の中では2020年4月にマスク不足・消毒薬不足という事態も起こりました。
貿易商社では、これらの世論の動きをいち早く察知をして需要に見合ったアイテムを仕入れることも出来ます。
僕もすぐに中国やインドからマスクを仕入れており、そのおかげで設立から半年しかたっていないのに十分な利益を出せる至ったわけです。
これも憧れのオフィスで仕事をしているからこそ、湧き出て来たアイデアです。

開業ですね!
兜町、盛り上がって欲しい!

「KABUTO ONE」開業 : 日本経済新聞 https://t.co/VT2NDOHNBu #賃貸オフィス #日本橋 #移転 #開業

— 秋元よすけ (@IMASyosukoo) August 24, 2021

退職・独立を決行して高級賃貸オフィスで仕事をしている絶好のチャンス半年しかたっていないのに十分な利益を出せる